葬儀に持参するものは香典と数珠

葬儀に持参するものは香典と数珠

葬儀に持参するものは香典と数珠

葬儀に持参するものは香典と数珠

葬儀について、多角的な情報提供を目的としたホームページです。
通夜は故人の死を悼み、弔うためのセレモニーです。急に訪れることも多かったりしますが、最後の別れの場となる為、葬儀はあらかじめ知っておきたいものです。訃報が入ってきたら、まず最初に遺族にお悔やみの言葉を伝え、通夜に参列する際は案内を確かめます。葬儀の時に祭壇に供えるものには、お花や菓子類、果物等が挙げられます。式に参列できない方から贈られてくるもの等さまざまです。このようなものを送る時には、式場の面積に不適当なものを送ってはむしろ逆に迷惑になることもあるので、関係者への確認をしたほうがよいでしょう。よくある誤りとして、電話でおくやみを伝えてしまう方がいます。それは大きな誤りです。ご家族の方は、一番大変な時期ですので、いくら亡くなった人と仲が良くても、電話をするのはやめましょう。

見積りが気になるのは葬儀のコト

見積りが気になるのは葬儀のコト

知人や家族の葬儀に参加する場合、どんな関わりでも服装やマナーについて知らなければなりません。葬儀のこと等、事前に用意をしておいてムダになることはありません。必要最低限の知識だけはしっかりつけておきましょう。かつては喪服をあつらえたりしていたのですが、近ごろは数多くのお店が買い求めやすい価格でブラックフォーマルの衣装を売っているので、突如のことでも洋服の対応ができるようになりました。近くの紳士服屋の広告でも、掲載されているものを見ることがあるのではないでしょうか。さらに、喪中はがき等で不幸を知る方も少なくないのではないでしょうか。お悔やみを伝える時期を逃した際は、盆やお彼岸などに花などを送るとよいのではないでしょうか。その際、亡くなった人とのエピソードなどを添えて送るとさらに良いかと思います。

葬儀の中でめざすのは温かく見送ること

私たちは知人の通夜などに参加する事が、年を追うごとにつれ増えます。こういうことは不測のことなので、どうしても前もっての準備が困難なものです。葬儀のことについて、時間があるときに少しでも準備をしておくと良いと思います。身だしなみやメイク、アクセサリーのエチケットを知っておくことも重要ですが、ご香典のことについてもしっかりとおさえておくようにしましょう。ご香典を入れる袋の表書きやのし袋そのものも宗教ごとに違うため、亡き人の宗教が分からない時は、通常の御霊前と書いたものを使うようにいたしましょう。わが国では、厚生労働省が認定する、葬祭ディレクターという資格がございます。葬祭業界で働く人の能力や技能レベルを認定するもので、必ずしも必要な資格ではありませんが、葬儀の準備に追われる遺族にとっては、力強い味方になってくれます。

他の葬儀情報